お助け!クラスTシャツ作成ガイド

ホーム > クラスTシャツ作成について > みんなの思い出になるクラスTシャツを作ろう

みんなの思い出になるクラスTシャツを作ろう

 学生時代の思い出をどんな形で残しますか。
写真をとにかくたくさん撮っておく人もいれば、友達同士で同じものを買って大切にする人もいます。
友達同士だけではなく、クラスみんなが仲良しであればクラス単位で何か形になるものを残しておきたくなりませんか。
卒業アルバムやサイン帳にクラス全員のコメントを書いてもらうだけではありません。
体育祭や文化祭などのイベントでクラス単位でクラスTシャツを作るのも良いかもしれません。
学生ならば、Tシャツはよく着るのではないでしょうか。
大人になっても好きでよく着ている人もいますから、作ったからと言って無駄になることはありません。
むしろ、良いデザインにすればずっと着用し続けることもできます。
しかも、素敵な思い出の品にもなるのでみんなで考えて作ってみませんか。


 絵を書くことが得意な生徒がクラスに一人はいるでしょう。
もちろん、必ずしも自分たちで絵を書かないとクラスTシャツを作れないわけではありません。
イラストが用意されていて、そこから好きなイラストを使うこともできます。
また、ロゴを入れることもできるので、何年何組と言った形で入れてみるのも良いかもしれません。
実際にみんなで着るものですから、デザインは慎重に考えてください。
誰もが抵抗なく着られるとなると簡単には決まらないこともあります。
しかし、どんなデザインにするかをクラス全員で考えるだけでも良い思い出になります。
放課後に残って黒板を使ってどんなイラストを入れたいのかを多数決で決めるなどすれば、その時間さえもが愛おしくなるかもしれません。
クラスTシャツを見るたびに思い出すでしょう。


 学生だけでも十分クラスTシャツを作ることができます。
インターネットを使えば意外と手軽に作れます。
たくさんの業者があるので、どこの業者にするかを最初に決めましょう。
そして、どのようなTシャツが用意されているのかを確認してください。
白いTシャツだけではなく、たくさんの色が用意されていたり、素材がいくつも用意されています。
ただし、業者によって用意している素材も色も違うので先に業者を決めましょう。
用意されているものからどんなクラスTシャツを作ることができるかを考えると作りやすいです。
データを業者に送ったら後は待つだけです。
出来上がったら送られてくるので、それをみんなに配りましょう。
イベントで全員が着ると一体感が出ます。
卒業後もたまには思い出のクラスTシャツを着て思い出に浸るのも良いでしょう。

次の記事へ